腕や脚は細いのに、お腹だけぽっこり出ているという人は少なくありません。 ぽっこりお腹は男性にも女性にも起こり得る症状ですが、女性よりも男性に多いです。 ぽっこりお腹の原因は腸間膜に付く中性脂肪で、これを内臓脂肪と呼びます。簡単に言うと、腹部の内臓の周りについた脂肪ですね。 だから、お腹だけぽっこり出てしまうわけです。 このページでは、ぽっこりお腹になってしまう原因についてお話したいと思います。

内臓脂肪が増える原因①食生活

当然と言えば当然なのですが、食生活の内容によって内臓脂肪が増える事があります。 例えば食べ過ぎです。食べた物がエネルギーとなり、それが消費される事によって、私たちの生命は成り立っているわけですが、もし、食べる量に対して消費されるエネルギー量が少ないと、エネルギーの燃焼である脂肪は行き場を失い、脂肪細胞に蓄積されます。 食事の量にも注意が必要ですが、食事の内容もしかり。 例えば、動物性の脂肪が多く含まれる食品は特に内臓脂肪を増やす原因となります。 また、食事をどんなタイミングで取っているかも関係します。 朝食事を摂らずに昼または夜にドカ食いするなど、不定期な食事のサイクルになると、私たちの体は「次にいつ食事(栄養)が摂れるか分からない、だから飢餓になっても対応できるようになるべく脂肪を蓄えておこう」とするのです。 これは、生命を維持する機能としては嬉しいですが、ダイエットの観点からすると良くないですよね。

内臓脂肪が増える原因②運動不足

内臓脂肪の特徴は、付きやすいけど、落としやすいという事です。 よく皮下脂肪は「定期預金」、それに対して内臓脂肪は「普通預金」などと言われます。 内臓脂肪の実態は中性脂肪です。運動不足になると、中性脂肪が体内で行き場を失い、結局内臓脂肪に取り込まれてしますわけです。 ですので、運動して脂肪を燃焼させないと内臓脂肪は必然的に増えていきます。

内臓脂肪が増える理由③ストレス

意外かもしれませんが、ストレスは内臓脂肪を増やします。端的に言うと、ストレスは代謝を下げるからです。 代謝が下がると脂肪が燃焼せず居残るので内臓脂肪が付きやすくなるというわけですね。 これには、自律神経が関係してるのですが、自律神経には「交感神経」と「副交感神経」があり、それぞれが必要な時に優位に働きます。 交感神経は、私たちがストレスを感じたり、仕事などをこなさなければいけない時に対処しようとして優位になります。 この時は代謝が落ちます。 逆に副交感神経は、私たちがリラックスしている時に優位になります。この時は体は休息を取りますが、代謝は上がります。 体が休息している間に、内臓をガンガン動かして消化・吸収したり、体のメンテナンスをするからです。 しかし、ストレス状態が続くと、交感神経が優位になりっぱなしになるわけです。 ですので、代謝が落ち、それに伴い内臓脂肪も増えるという事なんですよね。

内臓脂肪を落とすには?

これまで、内臓脂肪が増える原因をお話ししてきましたが、原因が分かれば対処もしやすいわけです。 ①食生活に気を付ける事。②適度な運動をする事。③ストレスを解消することです。 先ほどもお話ししたように、内臓脂肪は比較的落としやすい脂肪です。 内臓脂肪は生活習慣病の大きな原因になり得る事を考えると、なるべく早く内臓脂肪を落とした方が良いですね。 おすすめの内臓脂肪を減らすサプリ