思春期に出来るニキビと、大人になってから出来るニキビ。 同じニキビでも、出来る年齢によってその原因は全く違います。

思春期ニキビの原因と特徴

思春期にできるニキビの原因は「成長ホルモン」。 成長ホルモンがたくさん分泌してしまって、それが皮脂腺を刺激し、皮脂がたくさん分泌してしまい、その皮脂で毛穴が詰まってニキビになってしまいます。 皮脂線への刺激による皮脂の過剰分泌が原因なので、皮脂線が多くある鼻回りやおでこなど、べたべたしやすいTゾーンに出来るのが特徴です。

大人ニキビの原因と特徴

一方、大人ニキビは、頬から顎まわりのUゾーンに出来るのが特徴です。 また思春期ニキビとは違い、できる原因もさまざまで複雑です。 最も大きな原因の一つとして挙げられるのが、肌のターンオーバーの乱れ。 肌のターンオーバーが乱れ、新陳代謝が正常に行われなくなってしまったため、角質の層が厚くなってしまい、毛穴が詰まってしまうことにより、ニキビが発生するのです。 ターンオーバーが乱れてしまう原因もさまざまなのですが、主に、不規則な生活・ストレス・紫外線・飲酒・喫煙・偏った食生活・ホルモンバランスの乱れなどが考えられます。 このように、原因が不特定のため、改善することが難しく、なかなか治りづらいのが大人ニキビ。 また、治りづらいだけでなく、炎症がひどくなりやすく、跡に残りやすいのも特徴です。 ニキビ跡には、赤いもの、紫色のもの、茶色ものもの、でこぼこしたクレーター状のものといろいろありますが、クレーター状のものになってしまうと、自力で治すのは困難です。 それ以外のものはホームケアで薄くすることは可能ですが、かなり時間も手間もかかるので、ニキビは一日も早く治すことが大切なのです。

大人ニキビに有効なケア方法

思春期ニキビは一様に、清潔に、さっぱりとしたケアが良いと言われていますが、大人ニキビでは逆効果。 もちろん、大人ニキビも清潔にすることはとても大切です。 ですが、一日何度も顔を洗ってしまった・・・というケアは絶対にNGです。 大人ニキビはターンオーバーの乱れが原因なので、一番大切なケアは乱れを正し、を整えてあげることなのです。 ターンオーバーの乱れを整えるには、しっかりとした保湿がポイントです。 大人ニキビがUゾーンという乾燥しやすいところにできることからも分かるように、肌が乾燥してしまうと、肌のバリア機能が弱ってしまうため、ターンオーバーが乱れやすくなってしまうのです。 ですから、肌にしっかりとうるおいを与え、肌本来の力を取り戻してあげることで、乱れていたターンオーバーが整い、ニキビの予防ができるというわけなのです。