最近よく「アンチエイジング」とか「エイジングケア」って言葉、結構よく聞きますよね。 このアンチエイジングってどういう意味なんでしょうか? 日本語に変換すると、アンチというのは反発する的な意味、そして、エイジングっていうのは加齢のことです。 ですから直訳すると“加齢対策”的な感じになります。 人間って、細胞が古いものから新しいものに生まれ変わっていきますが、年齢を重ねると共に、その生まれ変わりの周期は遅くなり、外見的にもだんだん老化していきます。 それを止める事は誰にもできませんよね。 でも、それを少しでも遅らせようね?というのがアンチエイジングの考え方なんですね。 例えば、本来60歳で迎える老化のラインを70歳に変えるということです。 そんな事は可能なのでしょうか?

アンチエイジングすれば若返る?

実は可能です。よく大手の百貨店の化粧品売り場などで、機械でお肌年齢を計ってくれるものがありますよね。 実際の年齢では40歳なのに、お肌年齢は25歳とか、はたまた50歳だとか、人によって全然違いますよね。 ですので、実際の年齢と、美容的な年齢は違ういう事なんです。 アンチエイジングとはどういう意味なのか?そして、リアルな年齢と美容年齢は違う事が分かりましたね。 では、実際アンチエイジングとはどんな事をするのでしょうか? ネットなどで調べると、本当に果てしなく多くアンチエイジングの方法とかアンチエイジング対策のサプリとかたくさんありますよね。 でもなんといっても一番のアンチエイジング対策は「ホルモンのバランスを整える」ことなんです。

ホルモンのバランスを整える

老け顔の原因の大きな要因の一つは、女性ホルモンのバランスが崩れることによります。 女性ホルモンの分泌が少なくなると、お肌の水分量も減りますので、シワやたるみの直接の原因になります。 で、この女性ホルモンの減少をサポートするのが大豆イソフラボンなんです。 大豆イソフラボンとは大豆に含まれているフラボノイドの一種で、エストロゲン作用と抗酸化作用があります。 このエストロゲン作用は女性ホルモンの働きに非常によく似ていて、 お肌のキメを整えたり、弾力を持たせたり、更にお肌だけでなく、体全体の丸みの帯びた、女性らしい体にしていく働きがあります。 ですので、大豆イソフラボンに含まれるエストロゲン作用はエイジングケアに絶対に必要なものなんですよね。

生活習慣を整える

またホルモンのバランスは生活習慣にも影響されます。 例えば睡眠不足とか乱れた食生活はホルモンのバランスを崩します。 睡眠に関しては、ただ長時間睡眠を取れば良いわけではなく、質が問われます。 もちろん早寝する事が良いのですが、私たち現代人はなかなかそうはいきませんよね。 ポイントはレム睡眠とノンレム睡眠をバランスよく取る事です。 レム睡眠とは浅い睡眠、ノンレム睡眠とは、逆に深い睡眠の事です。 注意したいのはノンレム睡眠だけを多く取ればよいわけではないので、よく調べてみることをおすすめします。 これまで、アンチエイジングケアの1つ、ホルモンのバランスを整える事について見てきましたが、 より良い生活習慣をつくる為にサポートしてくれる商品などがたくさんあるので、そういうものも活用すると良いと思います。