ダイエットや美容、健康、さらには人の精神状態に至るまで、私たちに大きな影響を及ぼす腸のコンディション。 近年では特に、腸活などと呼ばれ、ダイエッターや美容意識が高い人たちの間で腸がブームになっています。 腸をキレイに元気にするには、腸内の善玉菌を増やさないと話しになりません。 ですので、このページでは、腸内に善玉菌を増やすには何をすれば良いのかについてお話ししたいと思います。 今回は2つの方法をピックアップします。

善玉菌の餌になるものを摂り入れる

善玉菌自体を新たに体外から摂り入れるという事よりまず、今腸内に存在する善玉菌をいかに増やすかを意識すると良いです。 今あなたの腸に存在する善玉菌を増やすには、善玉菌の栄養源となる食品を摂る事です。 主に善玉菌の栄養源となるのが、
  1. 食物繊維
  2. オリゴ糖
この2つの食品です。食物繊維はコンニャクとかゴボウとかキノコ類などの根菜に多いですし、海藻類にも多く含まれています。 これら食物繊維が多い食品は善玉菌の餌となるだけでなく、それ自体が腸を刺激して蠕動運動を促す働きもあるので、タブルの効果があると言えますね。 オリゴ糖は砂糖に果糖が1個以上付いている状態の糖を指します。 オリゴ糖は胃で消化される事なく大腸まで届くという特徴があり、善玉菌のエサとなります。主に玉ねぎ、アスパラガス、バナナなどに多く含まれています。 食物繊維とオリゴ糖は善玉菌を元気にし、増やすには必須の食品なので、普段の食生活にきちんと取り入れていくと良いです。

ヨーグルトやサプリメントで善玉菌を補充する

ヨーグルトにビフィズス菌や乳酸菌が含まれていて善玉菌を摂る事ができるという事は一般的に広く知られていますよね。 でも、実はビフィズス菌や乳酸菌が「大腸」まで届かないと意味がないのです。 ヨーグルトには色々な商品がありますが、商品によっては、善玉菌が大腸まで届かないものもありますので、「生きた乳酸菌を腸まで届ける」といった感じの表示がされているものを選んで購入するようにすると良いですね。 また、最近ではサプリメントで善玉菌を直接摂る事ができます。 多くの場合、善玉菌+オリゴ糖とか、善玉菌+食物繊維とか善玉菌の作用が生きるような加工をされているので、効果が期待できますし、サプリメントであれば、ヨーグルトを食べるよりも手軽なので、普段忙しい人や面倒くさがりな人にはおすすめです。 これまで、善玉菌を増やす2つの方法をお話ししてきましたが、まとめると、
  • 善玉菌の餌になる食品を摂る
  • 善玉菌が入っている食品を摂る
この2つは腸内の善玉菌を増やす上で必ず必要なことなので是非、覚えておいて下さい。