ダイエットや美容に効果的とされている酵素。 今ではTVの通販番組やネット通販でたくさんの酵素サプリや酵素ドリンクが販売されていますよね。 これら商品の宣伝文句は決まって「酵素を体外から摂ると体内の酵素が増えるのでダイエットや美容の効果的ですよ~」です。 でも、厳密に言うと「酵素は食品から摂取できない」のです。

酵素サプリや酵素ドリンクの「酵素」の実態は何か?

酵素サプリや酵素ドリンクに含まれる酵素は、ひと口で言うと“植物発酵エキス”になります。 一番多いケースは、野菜、野草、フルーツなどに砂糖や水飴を加えてドロドロに発酵させたものを抽出したエキスです。 このエキスには、発酵過程で野菜、野草、フルーツから生成された酵素が含まれます。 また、野菜、野草、フルーツではなく、雑穀をベースにしているケースも多いです。 この場合は、大麦やきび、あわ、米粉などの雑穀に麹カビなどの発酵菌を添加して発酵させます。 これも野菜、野草、フルーツの場合と同様に、発酵過程で酵素が生成されるわけです。

体内酵素とは?

実は、私たち自身も酵素を生成できる生き物なのです。 生まれながらに私たちの遺伝子には酵素を作る為のデータが書き込まれています。 私たちの体内には「酵素を製造する工場」が至る所にあります。例えば、口の中です。 食べ物を食べると唾液が分泌されますが唾液には唾液アミラーゼと呼ばれる酵素が含まれています。 同じように、膵臓や胃、腸にも酵素を製造する工場があるわけです。これらの工場は脳からの指令により、必要な時に必要な分だけ酵素を随時生成するのですよね。 これらをまとめて「体内酵素」と呼びます。

酵素サプリや酵素ドリンクに含まれる酵素と体内酵素は違う

冒頭で酵素サプリや酵素ドリンクの売り文句「酵素を補いましょう」という表現は、酵素サプリや酵素ドリンクに含まれる「酵素」がそのまま私たちの体内で直接作用するようなイメージを与えます。 しかし、実際には、これまでの説明からも分かる通り、酵素サプリや酵素ドリンクに含まれる「酵素」と体内酵素は全く別物なのです。

酵素サプリや酵素ドリンクは意味がない?

これまでの事を踏まえると、「それなら酵素サプリや酵素ドリンクを飲んでも意味がないのでは?」という結論に至りますよね。 でも、全く意味がないのかというと必ずしもそうとは言えません。 酵素サプリや酵素ドリンクに含まれる「酵素」は胃や腸などの消化器官で体内酵素に加勢して効果をパワーアップさせたり、体内酵素が作られる際の栄養にもなります。 体内で作られる酵素と同様の働きはできないですが、サポート要員として頑張ってくれるわけですね。