「腸から始まるダイエット」とか、「ダイエットは腸内フローラがカギ」というフレーズを雑誌などで見かけたことはないでしょうか? ダイエットと言われて連想するのは、食事管理や適度な運動という人は多いと思います。 では、なぜ腸がダイエットのカギを握るのでしょうか?

痩せ菌とは何なのか?

腸内には、総重量1キロとも推定されるたくさんの腸内菌が存在しています。 これらの腸内菌は、3つに分けられています。
  • 善玉菌
  • 悪玉菌
  • 日和見菌
この3つの菌が互いに勢力争いをして日々生活をしているのです。 あなたは“痩せ菌”という言葉を聞いたことがあるでしょうか?この痩せ菌とは、先ほど紹介した3つの腸内菌のうち、善玉菌を指します。 この痩せ菌が増えて腸内フローラのバランスがベストな状態になると、痩せやすい体になるというわけです。

カギは短鎖脂肪酸、腸内フローラを改善するとダイエット効果がある

では、なぜ、ダイエットに「痩せ菌」の繁殖が必要なのでしょうか? 痩せ菌が増えて腸内フローラのバランスが良くなると、その腸内では「短鎖脂肪酸」がたくさん作られやすくなるのです。 この短鎖脂肪酸は腸内で腸内菌が作り出すものですので、食事で体外から摂取することはできません。 こうして腸内菌が作り出す「短鎖脂肪酸」は、腸の壁を通過して、その後血管に取り込まれ、全身の細胞に届けられることになります。 この短鎖脂肪酸は、細胞が代謝する上で欠かせない物質で、代謝のエネルギー源となり、代謝を向上させる働きがあるようです。 ですので、腸内フローラを整えることによって、短鎖脂肪酸の生成を後押しすることこそ、ダイエットになるわけです。

酵素サプリは腸内フローラの改善にどのように貢献するのか?

短鎖脂肪酸は、善玉菌を摂取することで作られやすくなりまうすが、それだけでは不十分です。 私たちが食べる食べ物によっては、悪玉菌を増やし、善玉菌(痩せ菌)の繁殖を抑制してしまうこともあります。 ですので、痩せ菌を増やすと同時に、食生活の面でも注意が必要です。 この時にオススメなのが、酵素サプリです。 私たちが食べる、固いお肉や揚げ物などは消化が悪く、腸の負担を増やしてしまい、悪玉菌の繁殖を促進してしまいます。 ですので、食べ物の栄養の分解を助ける酵素サプリを食事のときに飲むようにすると良いのです。 酵素サプリは、野菜やフルーツ、穀物の発酵エキスを加工したものなので、植物性の酵素がたくさん含まれ、これが食べ物の消化を促進してくれるのです。 腸内フローラを整えるダイエットには、善玉菌を摂取することと、酵素サプリを摂取する、この2を実行することがベストです。