今流行しているスムージーダイエット。食事の前にスムージーを飲んだり、食事をスムージーで置き換えたリするダイエット方法ですね。 でもネットの口コミを見ると、スムージーダイエットを実践して痩せたという人もいれば、痩せないという人もいるようです。 ですので、スムージーダイエットには痩せるどんな根拠があるのか?またスムージーダイエットで痩せる為のポイントについて解説したいと思います。

スムージーダイエットはどんな痩せる根拠があるの?

スムージーとひと口で言っても、原材料は多岐にわたるのですが、ほとんどのスムージーは野菜や野草、雑穀、果実などを加工したものです。 これらの食材に発酵菌や砂糖などを添加し、発酵させている場合が多く、こういった発酵は酵素を生成します。 こういった酵素は私たちの胃の中に入ると、食べ物の繊維を切る働きして、胃の中にある食べ物をドロドロに柔らかくするのです。 特にお肉などの硬い食べ物は胃や腸で分解、消化しきれない場合が多く、こうした消化不良のものは脂肪細胞に取り込まれてしまう可能性があります。 しかし、そこに酵素が働く事で、分解や消化がフォローされるので、消化不良が減り、脂肪細胞に取り込まれる可能性を減らす事ができるわけです。 また、スムージーにはチアシードが配合されている場合が多いのですが、これも痩せる効果を高める要因になります。 チアシードは水分を含むと8倍~10倍に膨張する特徴を持った食品ですので、それを食べた私たちは少ない量で満腹感を得る事ができるわけです。 それでいて、チアシードには必須アミノ酸などの栄養が非常にたくさん含まれる為、栄養もバッチリ摂れるのですよね。 このような事を踏まえると、スムージーには痩せる効果を期待できる要素が十分あるという事になります。

スムージーダイエットで痩せる為に気を付けるべき点とは?

いくらスムージーにダイエット効果が期待できるといっても、正しいやり方でスムージーをダイエットに取り入れないと痩せない場合もあります。 逆に太ってしまうなんて事もあるくらいです。 ですので、スムージーに関して正しい知識を持っている事が必要なのですよね。 先ほど説明したように、ほとんどのスムージーには酵素やチアシードが入っているので、酵素やチアシードの特徴を理解した上でダイエットに取り組みましょう。

酵素やチアシードは食前に摂るのがベスト

酵素は食べ物を分解してドロドロにし、消化しやすくする役割を担うのでしたよね。 ただ、胃の中に入った直後に食べ物に働きかけるわけではありません。酵素が機能する為には胃の中にはいって20分くらい必要なのです。 ちょうど、お酒を飲む場合に、二日酔い防止のドリンクを飲む場合と同じです。 そのようなドリンクはお酒を飲む前に事前に飲むから効果があるわけです。 同じように酵素に食べ物の受け入れ状態をスタンバイさせる為に、食前に飲むようにすると良いのです。 また、チアシードは満腹中枢を刺激する働きをするわけでですから、やはりこれに関しても食前がベストなのですよね。 食前にチアシードを摂るからこそ、満腹感が食べ過ぎを防止してくれるのですから。 ですので、スムージーダイエットを成功させる秘訣は「食前に飲む」という事になります。