風邪の予防にはうがい・手洗いが有効ということは子供の頃から教えられています。 しかし、風邪を引きやすい体質の人もいれば、そうでない人もいますよね。 同じようにうがい・手洗いなどの予防をしているにも関わらず、両者には違いが出てしまうわけです。 実は、風邪を引きやすい、引きにくいことには、腸内環境や腸内菌が大きく関係しているのですよね。

人間が風邪を引くメカニズム

ではそもそも、なぜ私たちは風邪を引いてしまうのでしょうか? 風邪を引く原因は私たちの体内にウィルスが侵入してしまい、細胞を破壊してしまうことです。 風邪を引き起こすウィルスは口や鼻から私たちの体内に侵入し、最終的には腸まで達する形となります。 しかし、本来私たちには、免疫細胞というものが備わっていて、それがウィルスを退治してくれるわけです。 私たちの体内に存在する免疫細胞の7割ほどが腸に存在しています。 なぜなら腸の壁と突破してしまうと、ウィルスは血管と通して全身を巡ってしまいますから、それを食い止めるためなのです。 しかし、この免疫細胞がウィルスの勢力に屈してしまうと、風邪を引くという形になってしまうのですよね。

腸内環境と風邪の関係

前項で、腸内に存在する免疫細胞が風邪のウィルスと戦うことを説明しましたが、風邪を引きにくい人は、この免疫細胞が強いというわけです。 逆に、免疫細胞が弱いと、風邪を引きやすいということになります。 それであれば、免疫細胞を強化し、ウィルスに負けないようにすれば、風邪を引きにくい体質にしていくことができるわけです。 それには、腸内環境を整えることがとても重要です。 腸内環境が悪化している状態だと、免疫細胞の働きも弱まります。

腸内菌サプリが風邪を引きにくくする理由

では、腸内環境を整えるには、具体的にどうしたら良いのでしょうか? 腸内環境が良い状態というのは、善玉菌の勢力が悪玉菌の勢力を上回っている状態です。 ですので、善玉菌を体外から補充してあげれば良い。ということになります。 そこでおすすめなのが、善玉菌を配合したサプリです。ヨーグルトなどでも善玉菌を摂取できますが、サプリの方が手軽で効率良く摂取できるからです。 もし、あなたが風邪を引きやすい体質なら、善玉菌入りのサプリで対策してみてはどうでしょうか?
【参考にした記事】ラクビの効果に期待!風邪をひかない体づくりに腸内環境の改善が必須