ダイエットは何かしらの努力をしないと成功しませんよね。 食事制限や運動などです。 何もせずに痩せるなんて事はまずあり得ないのではないでしょうか? 食事制限とか運動をする事が大好きで大好きでそれが全く苦にならない人であれば、ストレスなく努力できますよね。 ですが、そんな人はほとんどいないのではないでしょうか? ですので、今回はダイエットをする時に私たちに掛かるストレスを軽減する方法についてお話したいと思います。

① 甘い物など、好きな物が食べられないストレス

女性なら誰しも甘い物は特に大好きですよね。学校の机の中に、会社のデスクの引き出しに必ずと言っていいほど甘いお菓子を潜ませるのです。 そして、ちょこちょこ食べてしまいます。もう1日中ずーっと食べたりしちゃいますよね。 こんなふうに、甘い物には依存性があるので、それにハマって抜け出せなくなってしまうわけです。 この点ではタバコなども同じですよね。

② 嫌いな運動をしなければいけないストレス

運動は苦手、汗をかくのは嫌だ。多くの女性はそう感じます。 嫌な事や苦手な事をするは人間に大きなストレスを与えますし、運動する為に忙しい生活の中で時間を確保しなければいけなくなりますから、そういう意味でもストレスになり得ますよね。 では、こういうストレスをなんとか軽減する事はできないのでしょうか?

セロトニン(幸せホルモン)がダイエットのストレスを軽減する

先ほど、甘い食べ物には依存性がある事をお話しましたが、実は甘い食べ物を食べると私たちの脳内にセロトニンという神経伝達物質が分泌されるんです。 これは「幸せホルモン」などとも呼ばれるんです。 あなたも経験ないですか?甘いケーキを食べるだけで幸せな気分になりませんか? これはまさに、あなたの脳内にセロトニンという幸せホルモンが分泌されているから陶酔感を感じるんです。 このセロトニン(幸せホルモン)、ダイエット中になんとか分泌できないものでしょうか? そうすればダイエットは苦痛にならないハズですよね。 でも、ダイエット中に甘い物を食べるワケにはいかないですよね。 でも、セロトニンをダイエット中でも分泌する方法は実はあるんです。

セロトニン(幸せホルモン)を分泌する方法①甘茶を飲む

甘茶は、味はほんのり甘いですが、ケーキのような糖分が含まれていません。 実はこの甘茶には、セロトニンを分泌させる作用があります。 ですので、もしダイエット中に甘い物が食べたくなったら、甘茶を飲むようにする事をおすすめします。 甘茶にはカフェインも含まれていないので、カフェイン依存になる事もないですし、健康にも良いのですよね。

セロトニン(幸せホルモン)を分泌する方法②単純なリズム運動をする

ダイエット目的の運動をする時には、単純なリズム運動が良いです。 例えばウォーキングやスクワットなどです。 実はこれらの単純なリズム運動はセロトニン(幸せホルモン)を分泌するのですよね。 これって、一石二鳥だと思いませんか? 運動でカロリーも消費できますし、幸せを感じるセロトニンも分泌されるわけです。 ですので、ダイエット目的の運動をする時は、激しいスポーツをするよりも、単純なリズム運動をおすすめします。 こんなふうに、知っているか知らないかでダイエットと楽に向き合えるかどうかが決まってくるわけです。是非、参考にして下さい。