肥満の原因はさまざまですが、肥満の人に共通するのは腸内フローラの働きが悪いことです。 肥満の人は、腸内に棲む約1000兆個の菌は善玉菌、悪玉菌、日和見菌に分かれますが、必要以上に悪玉菌が繁殖していてバランスが悪いケースがとても多いのです。

腸内フローラの働きの悪さが肥満の原因に

腸内菌と肥満の関係性は、近年の研究により明らかになってきました。 善玉菌が優勢の腸内環境では、腸内菌が「短鎖脂肪酸」という脂肪酸を作り出すのですが、これが腸壁を通過して血中に取り込まれ脂肪細胞まで到達すると、脂肪の燃焼が促されたり、脂肪の蓄積が抑制されたりするのです。 ですから、良い働きをする腸内フローラは肥満を抑制するということになります。 遺伝的に肥満の問題を抱えている人は、短鎖脂肪酸をあまり作らない腸内フローラである場合が多いわけです。 腸内フローラは変えることができないのでしょうか? いいえ、変えることはできます。 腸が変われば体が変わり、肥満を解消することも可能なのです。 腸内フローラの働きが良い人の腸内環境は、悪玉菌に対して善玉菌が優勢な状態になっています。 逆に腸内フローラの働きが悪い人、つまり肥満の問題を抱える人の腸内フローラは悪玉菌が優勢になっている状態なのです。 ですから、善玉菌を増やしてあげることによって腸内フローラの働きは良くなっていきます。

酵素は腸内フローラの働きを良くする

腸内フローラの働きを良くするためにおすすめなのは、食物酵素を含む食べ物を食べることです。 生野菜や果実、また納豆などの発酵食品には酵素がたくさん含まれます。 この「酵素」はタンパク質の一種なのすが、タンパク質を食前に摂取すると、糖質の吸収が穏やかになるので、血糖値の急激な上昇を抑えられます。 その結果、脂肪を体内にため込んでしまうインスリンの分泌を抑えられるため肥満になりにくくなります。 また、食物に含まれる酵素は、消化をサポートする働きがあるため、未消化のまま腸に運ばれるのを防ぐことができるため、それをエサとする悪玉菌の繁殖を抑制できるのです。 腸内フローラの働きを良くするには、体外から善玉菌を摂取することももちろん大切なのですが、消化を促進して悪玉菌の繁殖を抑制することもとても大切なのです。

酵素サプリの上手な利用方法

しかし、食物酵素を含む食品を毎食一定量摂取するのも大変です。 毎食小さめのボウル一杯分の野菜を摂りましょうと言われていたりしますが、野菜の好き嫌いもあるでしょう。 ですから、サプリメントで食物酵素を摂取するのもひとつの手段です。 酵素サプリは巷にたくさん売られていますが、食物酵素のほかに善玉菌が配合されている酵素サプリを選ぶとよいでしょう。 よい働きをする腸内フローラを作るには、食物酵素+善玉菌のダブルのパワーが一番効果的なのです。