「アンチエイジング」という言葉を見ることはありますか? 体やお肌に老化を感じ始めると気になりますよね。 「アンチエイジング」とは「抗加齢」「抗老化」を意味します。 加齢による身体の機能的な衰えを可能な限り小さくすること。 分かりやすく言えば、「いつまでも若々しく」を実現することです。 40代半ばを過ぎるくらいからは、若い頃とは違ったケアも必要になってきます。 「アンチエイジングケア」を意識してケア用品を選ぶ事が大切です。 では、どんな成分がアンチエイジングに適しているのでしょうか?

お肌のハリ・弾力に必要な成分はコレ

化粧品を見ると、キャッチコピーのように色々書かれていますよね。 例えば、「ヒアルロン酸入り」や「コラーゲン配合」「もちもち肌」など。 目にとまりやすいし、手に取ってみたくなります。 ですが、本当に見ていただきたいのは書いてある成分表です。 「~入り」や「~配合」などは確かにその成分は入っています。 ですが、入っている量が少なければその成分の効果を得ることは難しといえます。 商品を選ぶ際はその成分が最初の方に記載されているかを見るといいでしょう。 では、どのような成分を重視したいかです。
  1. コラーゲン
  2. エラスチン
  3. ヒアルロン酸
  4. プラセンタ
  5. レチノール
  6. ビタミンC誘導体
加齢によって目立ってくるシワやハリがなくなるのは、コラーゲンが減少するからです。 コラーゲンは真皮層に存在し、肌の弾力やハリを保つ役割を持っています。 紹介した成分は、潤いを保ってくれる働きをしたりコラーゲンの働きをサポートしてくれます。

肌の酸化を防止する成分はコレ

肌の酸化とは「肌がサビる」という事で、シミやシワ、くすみやたるみの原因になります。 大きな原因としては紫外線です。 紫外線を浴びると、身を守ろうと体内で活性酸素をたくさん作りだします。 ですが、増えすぎてしまうと肌を酸化させてしまうのです。 年齢とともに酸化を防ぐ抗酸化酸素の働きも弱くなるため、肌の老化が進行してしまいます。 酸化を防ぐには、紫外線から肌を守ることが大切です。 一年を通して、日焼け止め対策はしっかり行いましょう。 有効な美容成分としては、抗酸化作用があるビタミンC誘導体です。 スキンケアに使用すると良いでしょう。 エイジングケアは、肌だけでなく体も必要です。 今までのケアに、ちょっとプラスしたケアをすることで若さを保つことができます。 サプリメントを取り入れることもおすすめです。