たった一つでもできてしまうと、一気に気分が落ち込んでしまうニキビの存在。 今現在ニキビにお悩みの方は、きっと毎日どのようにニキビをケアすればよいのか悩んでおられると思います。 よく「ニキビは潰すと跡が残る」と言われ、できる限りニキビに触らないようにすると治りが早くなる、という説を聞きますよね? 一方で、「ニキビは潰して、ニキビの芯を出し切ってしまったほうが治りが早い」という説も聞いたことはないでしょうか? 二つの説はまったく正反対の説ですが、実際にどちらもよく言われています。 では、一体どちらが本当なのでしょうか?

ニキビは潰してはいけない?潰したほうがいい?

まずはじめに、結論から言ってしまいましょう。 ニキビは潰してはいけません。 ニキビを潰したほうが治りが早いというのは、間違いなのです。 ニキビは潰さずに、炎症を抑えるようにケアをしないと、跡に残ってしまいます。 では、なぜニキビは潰したほうが早く治るという説があるのでしょうか?これは、自宅ケアと病院での治療の違いです。 先ほど説明した通り、ニキビは潰さないほうが早く治るのですが、これは自宅ケアの場合です。 病院でのニキビ治療の場合、病院によっては細い針のような医療器具を使って、ニキビの中身を出すことがあります。 このように病院で行うニキビを潰す治療は、もちろん意味のあることです。 しかしながら、このニキビの芯を抜く治療はすべてのニキビに当てはまる治療ではなく、この治療が効くニキビがある、ということなのですね。 また、この治療はできているニキビに対する治療であって、ニキビの根本的な予防にはならないのです。

自分でニキビを潰すと、ニキビは悪化する!

繰り返しになりますが、自分でニキビを潰してしまうことは、治療にはなりません。 病院の細い針のような道具を使わないと、ニキビの芯は取り除けないからです。 自分で爪などでニキビを潰してしまうと、そこから雑菌が入ってしまい、炎症が酷くなってしまいます。 炎症が酷くなると、治りも遅くなり、跡に残りやすくなります。 また自分で潰すことによって、肌を深く傷つけてしまうこともあり、そうすると、クレーター状の跡になってしまいます。 ニキビは病院で治療として潰せば、治りが早い場合もあります。 しかし、それは専門医が特別な器具を使っているからこそであり、ニキビを潰す=治りが早くなる、ということではありません。 ニキビを自宅でケアする場合は、まずは炎症を抑えること。これが一番大切です。 自分でニキビケアの商品を購入する場合は、抗炎症成分が配合されているかどうかをチェックしてみましょう。